真帆先生・音楽教室、本格始動です。

ピアノ教室、月曜日、本日より本格始動となりました。4月に発表会を控え、みんな元気にレッスンに取り組んでおります。
明るく、笑顔・・、優しい先生で大人気です。月曜日は、田川 真帆先生のクラスです。

体験レッスンどんどんお申込みくださいませ。

吉田山荘

 

 

吉田山荘は、昭和天皇の義理の弟君、東伏見宮家の別邸として昭和7年(1932年)に建てられました。戦後、その壮麗な姿のまま料理旅館となり、御宿泊や御宴席、京料理はもちろん、お散歩の途中にお茶をお楽しみ頂けるカフェもございます。●和洋折衷、素敵な旅館でしたよ。ぜひいらっしゃってくださいね。

Ritmuller の商標について。

こんにちは、正式文書を日本語に変換いたします。

2008年12月1日
当社はこの文書により以下証明いたします。リットミュラーの標章と技術は、1997年にパールリバー社により取得され、世界中に登録されております。リットミュラーは、広州パールリバーピアノグループにより、世界市場において、主要なピアノブランドの一つになっております。

 

Ritmuller の正式な商標はRitmullerでLが2つです。誤解を招く情報にはご注意くださいませ。

 

 

 

 

うれしい・幸せなお電話をいただきました。

本日納品させていただきました、群馬県のt様からお電話をいただきました。
丁寧に運送屋さんが運んでくれたことと、音がかたくもなく、やわらかくもなく、ほどよい感じで、とても気に入りました。
また、アメリカにいるお嬢様にも送ろうかしらと言っていただきました。とても幸せなお電話でした。ありがとうこざいました。

クリスティーヌ・ラガルドさん

 

 

IMF 国際通貨基金の専務理事であるラガルドさんのインタビューをテレビで拝見いたしました。

美しく・かっこいい素敵な女性だなと思いました。 今、世界に求めることは融和であるとおっしゃっておられました。 やさしくほほえみながらも力強さをもつ彼女から、学ぶことが多かったと思います。皆様はどう思われますか。

リットミュラーピアノを使用されておりました。

 北白川疎水道沿いにあるスパニッシュ・スタイルのヴォーリスの建物 駒井家住宅。京都大学理学部の駒井卓教授の私邸として建てられました。今は記念館として日本ナショナルトラストの手で保存されています。毎週、金曜日、土曜日は邸内の内覧ができるそうです。(入館料1000円)
駒井邸ではリットミュラーピアノが使用されておられました。現在も展示されておられますよ。
駒井家住宅(駒井卓・静江記念館)
旧 駒井卓邸 1927(昭和2)年
京都市指定文化財
京都市左京区北白川伊織町64

ラベンダー精油のちから。

 

皆様 こんにちは、お元気でしょうか?

仕事の疲れや、家事・育児・の疲れを感じる時 は

ラベンダーの精油をティッシュの2.3滴たらして

枕元に置き、ベッドに横になってリラックスすると

体がすこし楽になりますよ。香りでさぁ元気になりましょうね。

 

 

 

海原 純子先生からのこころへの贈り物。

海原先生の詩をご紹介いたします。

{見慣れたもの}

カフェの看板の文字に陽が射して

踊っている

木の葉の上の水滴が

雨あがりの薄日をうけてきらめいている

女の子の瞳幸せが光っている

いつもの見慣れたそんな風景を

きれいだなと感じる時こころは元気あたりまえのものに見慣れたもののなかに素敵をみつけられるこころは

素敵

 

 

 

モナコ公妃・グレース・ケリーさん。

 

皆様、こんにちは、先日のテレビ番組でグレースケリーさんのお話をしていました。
彼女はお花を愛し・日本を愛してくれた、心のやさしい女性であられたということでした。素敵だなと思い、ブログに書いてみました。人を思いやる気持ちとか、心をこめるやさしさは大切だなと思いました。ピアノでもそういう気持ちを表現をできたらいいなとおもいます。

 

兵庫県立陶芸美術館。マイセン。

■ 会  期
2011年9月10日(土)~11月27日(日)

■ 開館時間
10月31日まで:10時-19時
11月1日から:10時-18時
(入館はいずれも閉館時間の30分前まで)

■ 休 館 日
月曜休館(ただし9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館し、
9月20日(火)、10月11日(火)は休館)

■ 観 覧 料
一 般          1,000円(800円)
大学生           800円(600円)
高校生           500円(400円)

 

ドイツの陶器マイセンの展示会開催中とのことです。素敵ですね。

現在もドイツ人の職人によって心をこめて作り上げているそうです。

ご興味のある方はぜひいらしてくださいませ。