作曲家とピアノ(後編) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベートーヴェン(1770~1827)の生涯は、5オクターブ位のピアノで始まり、7オクターブで終わったといえます。

ペダル(ダンパー)の効果を研究し、ペダル用法を楽譜に指示したのはソナチネアルバムで有名なドゥシェック(1760~1812)とされますが、この効果を最大に発揮したのはベートーヴェンが最初といわれています。

また、ハープシコードの時代の名残として残ったソフトペダルの使用をはっきり楽譜にに示したのも、ベートーヴェンが最初だったとようです。

その後のショパン(1810~1849)、シューマン(1810~1856)、リストの時代はすでに7オクターブの音域をもつピアノの時代となっていました。

グランドピアノの中ペダルである「ソステヌート」は1862年に発表されましたが、この年にはドビュッシー(1862~1918)が生まれています。

しかしこのペダルが普及し楽譜に示されるようになったのは20世紀になってからのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高品質な中古ピアノをお探しならピアノワールド

高品質な中古ピアノから、デジタルピアノと同価格帯の格安アコースティクピアノまで、各種お取り揃えしております。
あなたの豊かなピアノライフをお手伝いいたします。

兵庫県西宮市越水町3-25 プランドール越水1F東
TEL:0798-74-7340


中古ピアノ検索

SNSでもご購読できます。