中古ピアノリニューアルレポート
HOME > 

中古ピアノ  リニューアルレポート

中古ピアノ  リニューアルレポート

使われた方の想い出がつまった中古ピアノ。この中古ピアノをリニューアルして、第二の人生を歩ませるのが私達の仕事です。今回は、入荷したピアノが見た目も中身もリニューアル
されて、店頭に並ぶまでの様子を、ご紹介したいと思います!

リニューアルの流れ

  • step1

    入荷直後。
    外装には傷があり、音もあっていません。
    当社では、厳選した中古ピアノを取り扱っておりますので、生活傷程度になりますが、
    より新品に近づける為のリニューアル作業を、工房にて行わせていただきます。
    まずは、このピアノをバラバラのパーツに分解するところからリニューアルの作業は
    始まります。

  • step2

    まずは、アクションと呼ばれるピアノのエンジン部を分解します。細かいホコリ等を
    コンプレッサーで吹き飛ばし 消耗品であるフレンジコードを交換し、ピアノハンマーの
    整形(ハンマーファイリング)を行います。
    ハンマーが弦を叩く事でできる弦溝や、経年変化による変型を直すこの作業が、
    再度ピアノに組み込んだ後の整音に大きく左右します。
    ピアノが本来の音色を取り戻す、重要な工程なのです!

  • step3

    経年劣化で変色した白鍵小口の張替を張り替えて、見た目も美しく!
    次にプッシングクロスの付け替えを行います。プッシングクロスは鍵盤の中にあり、
    鍵盤の動きをスムーズにする為のパーツです。鍵盤の動きに等によってクロスが
    摩耗してしまうと、ホールとピンとの間に隙間ができて連打ができなくなったり
    してしまいます。

  • step4

    外装の傷を埋め、木目を描いた後専用機械で全面塗装を行います。
    金属部分は機械で磨きあげ、新品同様の輝きを出します。
    ピアノの塗装は非常に難しく、熟練した職人の匠の技によって美しく仕上げられてます。

    チューニングピン等もきれいに磨きあげます。
    研磨とトルク調整を行う事は、今顎の耐久性を高める為にも重要な作業です。

  • step5

    リニューアル作業が完了したら、狂いの少ないピアノにするため調律・整音を
    何度も行い、ピアノの性能をフルに引き出すようチューンナップします。

  • step6

    より長期使用が可能なピアノに仕上がり、
    新品感覚で使えるリニューアルピアノの完成です!

  • step7

    完成したピアノをショールームに運び込みます。
    せっかくリニューアルをして綺麗になったピアノを傷つけないように慎重に!
    いつもお世話になっているピアノ運送神戸営業所のスタッフさんです。

  • step8

    ピアノが店頭に展示されました。
    最高の状態でお客様にご覧いただく為、店頭でも再度調律・調整を行います。

    店長自ら自信のある商品のみを適切なアドバイスでお客様にオススメします。

twiiter